賃貸物件相場

賃貸物件の相場を調べよう

賃貸物件は物件ごとに家賃が設定されています。家賃はエリアや路線によってだいたいの相場があります。住みたいエリアがあっても家賃が高額で手が出ない場合もありますし、手頃な家賃で借りれる物件が見つかっても駅から遠かったりもします。 家賃を重視するか、立地を重視するか、人によってどちらに重きを置くかは違います。自分の希望に近い物件で快適に暮らすために、事前にエリアごとの家賃の相場を調べておくと役立ちます。 東京都内でいえば、山手線の内側エリアが最も高額な家賃になります。ワンルームでも10万円以上する物件もあります。中央線沿線も高めで、急行が停まる駅になると特に高くなります。しかし、東京でも23区以外なら手頃に借りれる賃貸もあります。

立地と条件によって違う家賃

賃貸の家賃は立地や建物の条件によって左右されます。最寄駅から徒歩15分以内の賃貸物件はどこも同じような家賃でも、徒歩15分以上かかる物件になると家賃がぐっと下がることがあります。徒歩20分以上だとさらに安くなります。 家賃の安さを重視して駅から遠い賃貸物件を借りたものの、結局駅までのバス代で高くつくケースもあります。通勤通学で駅を利用するなら、徒歩20分以内が限度だと思います。 通常の賃貸よりも高くなるのが新築の賃貸物件です。新築の物件は同じエリアに建つ同じような規模の物件よりも家賃が割高になります。基本的にどの建物も築浅のほうが家賃が高くなります。新しさにこだわるならリノベーション賃貸がお勧めです。新築同然でいて新築よりも安く借りれます。

ページのトップへ戻る